FXのトレール注文とは?使えるFX業者と最適な設定をご紹介!

投資

FX取引には、トレール注文というものがあります。

トレール注文って何だろう?

どうやって使うの?

という疑問を持っている初心者の方もいるでしょう。

この記事では、

  • トレール注文とは何か?

  • トレール注文はどう使ったらいいのか?

  • どのFX業者で使えるのか?

  • おすすめの設定値

について解説していきます。


使いこなせるようになると、たいへん便利なので ぜひ最後までお読みください。


FXトレール注文とは?


トレール注文とは、自動的に相場についていきながら実際の取引レートとほぼ同じ値幅間隔で、損切りの逆指値を有利な方向へと移動させる注文です。


トレール注文は「トレール(自動追尾)機能」レートが有利に働いた時に、トレール幅を保ったままストップ(逆指値)注文の値も合わせて、変動する というものです。



【トレール注文の場合】

トレール注文

図のように、上昇トレンドで利益が出ている場合、もし相場が反転し、下降トレンドになっても、利確することで利益を得られます。


トレンド相場で有利な時は、トレール幅を保ったまま、ストップ注文(逆指値注文)の値を変動し、不利な値動きになったら、利確されます。



【通常のストップ注文(逆指値注文)の場合】(トレール幅を1円する)

ストップ注文

ストップ注文(逆指値注文)の場合は、設定した値で損切りされることになります。


トレール注文は、低リスクで利益を拡大させることができるということですね!!


FXトレール注文を使うのが向いている人

以下に当てはまる方は、トレール注文を活用するのがおすすめです。

  • なるべく利益を伸ばしたいと考えている人

  • チャートに張り付いている時間がない人

  • 一定の感覚で利確したい人



FXトレール注文のメリット3つ

メリット

トレール注文を使うメリットは以下の3つです。

  1. 画面に張り付く必要がない

  2. 逆指値でも利益を追求できる

  3. 買いと売りの両方のポジションで使える


1. 画面に張り付く必要がない

トレールは相場についていきながら、損切の値も変動していくので、画面に張り付いる必要がありません。

トレールの注文を設定したら、基本的には、あとは見守るだけなので、時間を有効活用できます。

そのため長時間トレードできない、忙しいサラリーマン、主婦の方にもおすすめです。


2. 逆指値でも利益を追求できる

損切りの注文として、よく逆指値注文を使います。

逆指値注文ではその指定した値でのみ決済されるので、利益が限られます。

しかし、トレール注文の場合、相場とともに逆指値の値が変化していくので、可能のところまで利益を求めることができます

損切りになることもありますが、相場についてきながら、逆指値の値の幅は一定なので、少ないリスクで利益が得られます。


3. 買いと売りの両方のポジションで注文できる

トレール注文は、買いと売りのどちらでも注文可能なためとても便利です。

たとえば1ドル110円のときに買いエントリーして、逆指値108.500円としたら、トレール幅1.5円になります。

相場が2円上昇して112円になった場合は、逆指値110.500円になります。

一定の利益を確保しながら、リスクが低い状態で、利益を拡大していくことができるので安心です。


FXでトレール注文のデメリット

デメリット

レンジ相場の場合、価格の上昇幅が限られてくるので、トレール注文には向いていません。

トレール注文は、必ずトレンドが発生しているときに使用するようにしましょう。

レンジ相場のときは、無理にトレール注文するのはやめましょう。


FXトレール2つの注文の方法

トレール注文の方法は、2つあります。

  1. FX会社の機能を使う

  2. 手動でトレール注文を行う


1.FX会社の機能を使って自動で行う

FX会社のトレール注文機能を使うことで、自動でトレール注文をすることができます。

FX会社のトレール注文はあらかじめ一定のトレール幅を決めて、自動で逆指値注文が移動するものになっています。

サラリーマン主婦の方のように、常にチャート画面を見ていられない人におすすめです。

トレール幅の決定は、相場のボラティリティなど状況を見て決めるのがよいでしょう。

トレール注文が利用できるFX会社は後程、ご紹介します。


2.自分で基準を決めて手動で行う

自分でトレードの基準にそって、逆指値注文を動かすことでトレール注文を行うことができます。

画面を監視する必要はありますが、自由にトレール注文ができます。

チャート画面を見ることができる人や、短時間取引をメインとしている人におすすめです。



FXでトレール注文をするときのコツ3つ

ビジネス

トレール注文をするときのコツ次の3つです。

  1. トレンド相場で注文する

  2. トレンドに忠実な通貨ペアを使う

  3. ある程度の値幅の広さを確保する


1. トレンド相場で注文する

トレール注文は、相場とともに逆指値の値が変化していきます。

トレール注文は、強いトレンドが発生したときのみの使用するようにしましょう。

レンジ相場のように上下が激しい相場だと、トレール注文の逆指値の値に引っかかってしまうので、注意が必要です。


2. トレンドに忠実な通貨ペアを使う

トレンドが発生しても、通貨自体の上下が大きければ逆指値の値で損切りになってしまいます。

初心者には比較的安定したドル円の通貨をおすすめします


3. ある程度、値幅を広く設定する

トレール注文の値幅はなるべく広めに設定しましょう。

トレンドの最中に一時的に価格が上下した場合でも、逆指値の値に引っかかってしまうので、注意が必章です。

トレール幅の設定には、以下のポイントが重要です。

  • トレール幅が狭い場合:利益幅は広がるが、利益が伸ばせない可能性が高まる

  • トレール幅が広い場合:利益を伸ばせる可能性は高まるが、利益幅が狭まる



トレール注文が使えるおすすめFX業者2選

ビジネス

トレール注文が使えるFX業者としては、次の2つがおすすめです。


オススメのFX業者2選

  • GMOグループが運営する外貨ex byGMO 
  • ヒロセ通商(LIONFX)



GMOグループが運営!安心の外貨ex byGMO

 

取引手数料

0円

スプレッド

ドル/円(USDJPY) 0.2銭

ユーロ/ドル(EURUSD) 0.4銭

ポンド/ドル(GBPUSD) 1.0銭

最小取引単位

1000通貨

通貨ペア数

24通貨

初回入金額

制限なし

 

  • トレール注文に対応

  • 外貨ex byGMOでしか見られないFXレポート

  • お取引に応じてPayPayか現金が貰える

  • スマホで見やすい

  • 24時間サポート体制

  • 各分野で著名なプロフェッショナルによる「外貨ex byGMOアカデミー」の無料オンラインセミナー



ヒロセ通商

取引手数料

0円

スプレッド

ドル/円(USDJPY) 0.2銭

ユーロ/ドル(EURUSD) 0.3銭

ポンド/ドル(GBPUSD) 0.6銭

最小取引単位

1000通貨

通貨ペア数

50通貨

初回入金額

1万円から

 

  • トレール使用可

  • スキャルピング公認

  • スプレッド 業界最狭水準

  • 成功約定率99.9%、約定スピード最速0.001秒、充実した専用のサーバーシステムが整備されている。

  • 豊富な取引ツール

  • 平日24時間フルサポート

  • 食品プレゼントキャンペーン



FXの勝率を分ける!トレール注文の最適な幅

ヒント

トレール注文では、最適なトレール幅の設定がとても重要となります。

トレール幅の最適値で決まった数値はありませんが、一般的におすすめは次のとおりです。

1.トレンドの始まりは広く、終わりに狭くする

トレール注文のトレール幅は、狭すぎるとすぐに決済されてしまい、利益を伸ばしづらくなります

そのため、トレンドの始まりでは、トレール幅は、ある程度広めに設定しましょう

反対に、トレンドが終わりに近づいた時は、損失を出さずに利益確定するため、トレール幅を狭くするのがおすすめです。


 2.ボラティリティの2~3倍のトレール幅

ボラティリティを表すインジケーター(ATRなど)を利用して、現在のボラティリティを計ります。

ボラティリティの2~3倍のトレール幅にすることで、ダマシで決済されることが少なくなります。


FXトレール注文の注意点:ダマシ 

トレール注文のデメリットは、ダマシにあう点です。

上昇している相場でも、一瞬下がったタイミングで決済されてしまうことがあります。

損切りに合わないようにトレール幅は、余裕を持って設定するようにしましょう。


 FXトレール注文のまとめ

ここまで、FXのトレール注文とは何か、使い方や注意点、トレール注文を使えるFX業者をご紹介してきました。

慣れないと難しく感じるかもしれませんが、理解して使いこなせるようになれば、とても便利なものです。

トレール注文に合ったトレンド相場を見極めて利用すれば、収益も上がりやすいので、ぜひトレードに役立てていきましょう。