FXのpipsとは?1pipはいくらなのか?計算方法を解説!

投資

FXを始めようと思う時、

FXのpipsって結局いくらなのだろう?

FXのpipsは、どうやって計算すればいいのだろう?

という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

この記事では、FXのpipsの基本的な知識計算方法について、

初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

FXのpips(ピップス)とは?


pipとは,通貨ペアの値幅を表す最小単位のことです。(percentage in pointの略)

FXでは様々な通貨が取引されていますが、通貨の共通単位として使用されているのがpipsです。

たとえば、ドル/円やユーロ/円などの円絡みの通貨ペアであれば1pips=0.01円(1銭)

ユーロ/ドルポンド/ドルなどのドルストレートであれば1pips=0.0001ドルと表します。

pipsが使われる理由

相場について、ドルであれば「10ドルの変動」、ユーロであれば「10ユーロの変動」というように表現されます。

各国の単位でバラバラに表されると、それぞれどのくらいの変動なのかを比較しにくくなります。

そこで最小単位であるpipsを用います。

「ドルは10pipsの変動」

「ユーロは10pipsの変動」

と表現すれば、異なる通貨でも変動を比較しやすくなります。

1 pips はいくらなのか?

1pipがいくらを表しているのかは、通貨ペアによって異なります。

米ドル/円クロス円(ユーロ/円、ポンド/円など)の場合


1pip=0.01円(1銭)
10 pips=0.1円(10銭)
100 pips=1円(100銭)

米ドルストレート(ユーロ/ドル、ポンド/ドルなど)の場合

1pip=0.0001ドル(0.01セント)
10pip=0.001ドル(0.1セント)
100pip=0.01ドル(1セント)

FXの損益の計算方法

FXでは、pipsを使うことにより、簡単に損益の計算を行うことができます。

損益の計算式は、次の通りです。

損益 =FX取引での獲得pips×0.01円(or 0.0001ドル)×通貨数

例)ドル円の場合

1000通貨場合:100pips(1円)を獲得

 1000×100×0.01=1000円の利益

10000通貨の場合:100pips(1円)を獲得

 10000×100×0.01=10000円の利益

取引数量が高くなるほど、1pipsの1損益も高くなります。

<H2> pipsはスプレッドにも使われる

また、pipsはスプレッド(買値と売値の差)の単位としても用いられます。

たとえば、FX業者が米ドル/円のスプレッド1pipsで提示している場合、それは1ドルにつき日本円で1銭の手数料がかかることを表しています。

スプレッドは、FX会社によって異なるのでよく調べて利用しましょう。

「FXのpipsとは?1pipsはいくらなのか?計算方法を解説!のまとめ」

ここまで、FXのpipsとはいくらなのか、基本的な知識と計算方法について解説してきました。

pips は、FXトレードをする上でとても重要です。

この記事の内容を理解して、トレードに活かしていきましょう。